<スポンサード リンク>

2015年06月23日

銃の所持許可更新手続 イレギュラーバージョン

所持許可の更新手続に行ってきました

0623港北警察署射撃.jpg

4月ぐらいからボチボチと書類をもらっておいたり

早目に座学の講習を受けておいたりしていたので

今年は慌てずに済みました

技能講習は昨年の銃追加の際に受講したものが有効なので使えましたし



一つ、面倒な手続きが必要だったのでそれがどのような手順になるのか心配だったのですが

こちらも担当部署の方の親切な対応のおかげで事前の書類も揃えられたので

すんなりといきました


何が面倒な手続きだったのかというと・・・

私、昨年スキート銃を追加申請したのですが

この銃を今までの銃の更新に合わせるように前倒しする手続きをしたのです

これによってそのたびに健康診断や身分証明書などをとることも無くなるし

なにより、自分自身が2丁まとめることで、更新時期を忘れずに

一度で済ませられるというのがなにより安心です



この手続ですが考え方として

まず、私の場合新しい銃の方を一度失効手続きを取って

更新時期を合わせたい銃と同じにするために自分から自分への譲渡手続きをすることになりました

理由は「更新時期を合わせるために」という事で良いそうです



私の地元では今までの詳しい担当者から

新しい担当者に変わったところだったのですが

今日行ってみると、窓口の担当者はいなくて、事務担当の女の子が対応してくれましたが

わからないところは確認をとって、確実な手続きをしてくれましたので

とても頼もしかったです

私の地元警察署は本当に対応がいいですわ



なにより、事前に封書で更新のお知らせが届いて

必要な書類が間違いの無いようにわかりやすく明記されておりました

おかげで事前に揃えておいて、すでに記入済みの書類と照らし合わせて

準備もらくらく進めることができたのも助かりました



で、2丁を更新することでの手続きに関する証紙ですが

今回はイレギュラーな形になるのですけれど

1丁目が4800円と、失効手続き込の更新の銃が6800円

というこで、合計11,600円ということでした


そうそう、今回から更新時にも周辺への聞き込みが発生するということを聞きました

昨年の銃追加の時にすらなかったのに

更新でご近所、友人への連絡が入るそうです

ご近所でどなたにお聞きしたらいいですか?と聞かれたので

自宅の裏の町会長さんか、おとなりのお宅でどうでしょう?

なんてお話したのですが電話番号を一緒に伝えなくてはいけないそうで

ご近所の電話番号は、私、持ち合わせていなかったのでどうしましょう?と

そしたら、銃安の中でお知り合いの方がいれば・・・という事になったので

いつもお世話になっている会長さんと副会長さんのお名前を出しておきました



それにしても、ご近所への聞き込みですが

「たぶん、私が射撃をやっていることはご存じだと思いますが

もし、知らなかったとして、警察からの問い合わせで

私が銃を持っているということがご近所にわかってもいいのでしょうか?」

と質問したら、

「その場合は何か別の理由でご連絡します」

というお答えだったのですけれど

「でも、その方がよっぽど怪しまれますよね?」とお聞きしたところ

では銃安のどなたかで・・・という流れでした



警察から連絡があって、あそこの誰それさんについてどういう人物か?

なんて問い合わせ、普通に考えて怪しい以外の何物でもありませんよね・・・



その他、面接で聞かれたことですが


・お酒は飲むか

・ギャンブルはするか

・借金はあるか

・同居家族は所持を認識しているか

・銃を使う頻度はどれくらいか

・銃の使用目的は?

・自分の性格を一言で言うと

・趣味は?

・射撃場はどこへ主に行くのか

・銃の所属団体はどこに加入しているか

・大会には出たことがあるか?


など、このぐらいだったでしょうか


他の方がブログで書かれている面接とほとんど変わらない内容だったと思います





それにしても

これで次回からの申請が楽になると思うとホッとしております


あー、これでひとつ片付きました〜




**************************
   ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします
   ↓

射撃競技 ブログランキングへ
posted by Niko at 22:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手続き関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地元協会の動画と空気の固まり

日曜日に開催した地元協会の射撃会

2015-06-21 12.54.58.jpg

この日の記録動画を地元協会のアカウントにアップしました

今回もBGM有と無2バージョン作りましたので、お好みでご覧ください



BGM有




BGM無




ちなみに、無バージョンにはこそっと1カットおまけが入っています

気が付きましたか?

有バージョンでは音楽の尺の関係で、そのカットを削らざるを得なくて・・・

結構気に入っていたカットだったので、無バージョンでは活かしたというわけです



この日、エアライフルの参加者が1名いらしたのですが

移動などのタイミングの関係で撮影できず申し訳ない思いです

これも当日の撮影の流れの再構築が必要だと思いました

伊勢原のスキート場が工事中のために今回は無かったことで

これでもなんとか行けたのですが

スキートがあったら、やっぱり撮影の段取りは大変だわ・・・と改めて実感しました

せっかくなので、皆さんを残してあげたいと思うので

今後の課題としてつなげていくようにします


ところで・・・

今回映っている大口径ライフルなんですが、

これ以前見たのと違ってなんだかとっても大きい弾を使っているんですね

お聞きしたら象を撃つような弾なのだそうです

この銃そのものが許可を取るのが難しい銃だそうで

日本に数人しかいないだろうという事でした

どこでこの銃を撃つのかお聞きしたら、海外なのだそうです

50mでは中らないとおっしゃっていました

え???

ということは、象を20mぐらいまで引き寄せてから撃つの?

こ、怖〜( ;∀;)


最初にカメラをセッティングするときに、一緒にいた地元協会の役員さんに

「もう少し陰になるところにいた方がいいかも・・・」とアドバイスされて

「え?空の薬きょうでも飛んでくるのですか?カメラにあたっちゃうかな?」とお聞きした瞬間

ブハ!!っととんでもない空気の固まりが飛んできました

これ、今まで体験したことの無いような衝撃波です

そして、この銃に使う弾

なんと、1発1,000円ぐらいするのだそうです!!

AAトラッカーで150円に涙目になっている私には想像も着かない金額で

こちらも吹っ飛びそうでした( ;∀;)



銃の世界、まだまだ私の知らないことがたくさんあって驚きの連続

他種目を撮影をさせていただくようになって、私自身も銃に対する興味がさらに増したように思います




私の役目はこの後、さらに希望者の個別編集が残っているので

そちらはまだしばらくかかりそうです

この個別編集は希望者へお渡しするものなので、非公開となりますが

撮影してもらいたいけれど、どんなものになるのかサンプルが見たいなっていう方のために

会長と元国体選手の2名分は地元協会のアカウントで公開予定です



それとテストしてきたウェアラブルカメラの動画もこちらでアップしたいし

まだまだ頑張りま〜す!



**************************
   ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします
   ↓

射撃競技 ブログランキングへ
posted by Niko at 10:06| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | クレー射撃な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<スポンサード リンク>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。