<スポンサード リンク>

2015年08月02日

HX-A1Hの残念な結果

本日、大井射撃場にて銃砲店さんの射撃会に参加してきました

そこでHX-A1Hの銃身装着テストをしてきたのですが・・・

結論から言うと、とても残念な結果に終わりまして

やはり、発射の衝撃にはハード的にも、ソフト的にも限界を超えていたという事のようです

まずは、こちら

とりあえずまともに映っているところを、的中・失中に関わらず抜粋したもの




つまり、これだけでした(ノД`)・゜・。

途中、せっかくAAトラッカーも使って撃ったのに

まったく、それすらも見えない状況になってしまっておりました( ;∀;)



どういうことかというと・・・もう冒頭の部分でこのような状況だったのです




あれ〜(ノД`)・゜・。

クシャっていう嫌な音もしていますよね・・・


その後、後半はこんな状態になりまして



録画した映像をipad2でチェックして、すぐのこの異常に気が付いたので

そのまま1ラウンドだけで撮影は終了となりました


どういう状態で使用したかというと

先日の工作の通りに装着しまして

CIMG0017射撃.jpg


本体がブヨンブヨンと飛び跳ねないようにするために着けた黒いゴムは

とてもゆるい状態で、とりあえず押さえてあるぐらいの感覚にしてありました

レンズが銃身に接している部分も、緩衝と滑り止めのつもりで着けておいた塩化ポリが

CIMG0020射撃.jpg

こんな風に、熱で溶けかかっておりまして

衝撃もそこから来て、レンズキャップが割れていたという状況です

保護シート着けていたのに〜(ノД`)・゜・。

と、現地ではそう思っていたのですが

帰宅してみて、保護シートを外してみてわかりました

保護シートが無ければ、レンズキャップのこのガラス面、粉々に粉砕だったと思います

CIMG0022射撃.jpg

なので、保護シートを新しく貼りなおしておきました(≧▽≦)

カメラ自体は、保護シートを貼りなおしたのでとりあえず撮影には使えそうですので

4000円のレンズキャップはまだ頑張って買わずに行こうと思います



しかし、問題はそれだけではなく・・・

衝撃のせいなのかどうか、ここが今一つハッキリしないのですが

なぜだか撃った後に勝手にIRモードに設定が変更されてしまいました


帰宅して、改めて確認してみたところ

現在は通常に戻っているので大丈夫ですが、現地で控えの小屋にいる時も

ずっとこういう状況のままになって戻らなくなってしまっておりました


実は、HX-A1Hの取説を見ても、このIRモードへの変更ってレンズキャップを交換するだけなので

どこかでモードのボタンなどがあるわけではありません

価格.comの口コミを見ていても

IRモードのレンズキャップに磁石が着いているのか?なんて書き込みがありましたが

この状況をみているとそうでもなさそう・・・


と、いうことは

私が着けた保護シートがひび割れによって透過光を変化させてしまって

それにレンズが反応して内部的にIR用のレンズキャップを装着したと勘違いしてしまったのか?

それともやはり、衝撃で内部的に誤変換をしてしまったのか?

なんとも判断ができませんが

少なくとも、言えるのは

発砲による衝撃には、HX-A1Hが対応できないっていうことですね(≧▽≦)

もっと、衝撃を逃がしてあげるような装備にしないといけないようです


でもな・・・

この紫のベルト

CIMG0017射撃.jpg

これもそんなにきつくしているわけではないので

撃っていると、カメラが前に動いて行ってしまうのです

私としてはそれぐらい逃げ場があると思っていたのですが

そんなもんじゃダメなのですね〜( ;∀;)


今のところ、異常がないというみなさんも

銃身への装着はそのあたりを覚悟したうえで、自己責任でトライするしかないようですよ



良い子のみなさんは、マネしないようにしましょうね(≧▽≦)



破損ついでなので、私はもう少しトライしてみますが・・・


**************************
   ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします
   ↓

射撃競技 ブログランキングへ


posted by Niko at 21:53| 神奈川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | トラップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Nikoさん
こんばんは
壮絶なことになっていますね
ガラスのヒビも連鎖反応みたいに
拡大しているようですし
これ以上被害が広がらなたいことを
お祈りしています!
Posted by 18shotgun at 2015年08月02日 23:28
>18shotgunさん

さすがに、銃身と直付けに近い形での接点は無謀でした!

紫のベルトと本体はマジックテープで着いていて
そこはまったく問題なくて衝撃で落ちることも無かったので
もう1本紫のベルトを作ってレンズキャップの部分の接点を
それにしてみることにします

新しいレンズキャップを買うのは、そのあたりを万全にしてからにしないと
いくつ買ったも足りなそうですわ(≧▽≦)

18shotgunさんの銃身装着はなんの問題もなかったのは
どうしてなんでしょう?

しかも、IRモードになってしまったのにはお手上げでした
Posted by Niko at 2015年08月02日 23:51
こんばんは!
アップ、早いですね!
感心します…。

こちらも土曜に行った撮影、動画→静止画版ですが、ブログにアップしました。
こちらも惨敗でしたよ…。(泣

どこのカメラも同じとは思いますが、射撃の衝撃までは想定していないのだろうな、と想像します。
使い手が工夫するしかないですよね…。
Posted by たや at 2015年08月03日 00:22
Nikoさん
おはようございます。
自分の時の射撃シーンとあまり変わりがないようですが
カメラがもっと銃身に密着していた方が
射撃時の振動が逃げやすくて良いのかもしれません。
(銃身とカメラが離れていると跳ねた銃身がカメラを叩くのかも?)
Posted by 18shotgun at 2015年08月03日 08:13
>たやさん

あ、しかめっ面のたやさんですね!

ポロリ、やってしまいましたね〜
でも、ケーブル付きで良かったですね

楽しんで使えるところまで、どこまでできるでしょうね


射撃場では結構興味を持たれる方もいらして、みんなこういうの好きなのねって
そんなリアクションでした
まだ、実用に向けてのテスト段階なのでいろいろと試しています
って言ってみたものの、レンズキャップが割れたりするのを見ると
みなさん苦笑されてました( ;∀;)

人柱って辛いですわ(ノД`)・゜・。
Posted by Niko at 2015年08月03日 11:31
>18shotgunさん

なるほど・・・
中途半端にゆるくして押さえておいた黒いゴム
これのせいで、カメラがはねた可能性は確かにありますね

次にはそこ、改善してみます!
ありがとうございます
Posted by Niko at 2015年08月03日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<スポンサード リンク>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。