<スポンサード リンク>

2016年12月01日

伊勢原射撃場に行ってきました その3

時間がかなり経ってしまいましたが、
この話をちゃんと残しておかないと次の記事に行けませんので
またもや恥ずかしさMaxなのをこらえて残していくことにします

銃砲店さんの射撃会で伊勢原に行った11月20日日曜日
拾い撃ちをしっかり練習することも大切だということを場長さんにアドバイスいただいたことで
時間もあるし、午後になっても他のスキートのお客さんもいないのでやってみようかな?と
そんな感じでお昼を食べてから仕切りなおしてみることにしました

拾い撃ちなのでラウンドで計算するカードとは別にスコアカードを発行してもらいリスタートです

とはいっても拾い撃ちという練習方法もよく理解していなかったので
その場でスマホで検索して、注意する点やどういう順番でやればいいかなど
そんなことも調べながらの一人練習会となりました

この時点では撮影した自分の動画を観ていないので、
その場でアドバイスいただいたいくつかのポイントを頭に叩き込んで
頬付けを素早く、まっすぐ上げてから横にスイング
これを意識して撃つことにしました

プーラーさんにもどうやって射台でお願いすればいいのか?という初歩的なところからお聞きして
一つ一つ教えていただきながらの本当に初心者全開の「こそ練」でした

そして、ある程度撃ったところでそろそろこの日に買った弾が無くなってしまうと気づき
最後は2ラウンドを拾い撃ちの練習の成果がどう出るか?を見たくて撃ってみました
そしたらですね・・・(ノД`)・゜・。


では、その衝撃の「こそ練」のスコアをご覧ください(≧▽≦)

20161120伊勢原拾撃射撃.jpg


拾い撃ちはネットで調べた練習方法を参考に
1番、7番、1番、7番、2番、3番とP、M、PMと撃ってみました
もちろん適度に休みながらですが、射台を移動しないでポケットに入れた弾の数分だけ撃っていると
気が付くととんでもない数を撃っていたという状態でして
およそ6ラウンド半分ということになっていたようでした

しかも最後の2ラウンドですが、
1ラウンド目は練習前のスコアとほとんど変わらず、
2ラウンド目に至っては疲れて腕が上がらないわ、横に振れないわで衝撃の1枚(◎_◎;)

弾も無くなってしまったので、これにて終了しましたが、射撃会で4ラウンド、その後に実質8ラウンド半、
振り返ると合計12ラウンド半も撃っていたことになります
自分の体力を考えながら練習しないと、やっても意味がないという事を実感いたしましたね・・・

やっぱり若いころと違いますね〜
身体と頭が一致しないってこういう事なんですね

こんな反省をした上での、動画を観ながらの反省点がその1、その2の記事になっているというわけです

そして、この日いただいたアドバイスで
教則本を読んでスキートの基礎を一度しっかりと頭に入れること
これも次の練習に備えてやっていこうと心に決めた次第です
そうです、教則本

飛行標的射撃実習教本射撃.jpg

技能講習でもらっているテキストに基礎が載っているのだという事を
場長さんに教えていただきました
私、恥ずかしながら教則本はトラップの所しか見たことがなくて、それもあんまり頭に入らないので
もらったその日に講習でパラパラと見て以来、手にしたことがありませんでした

帰宅して教則本を引っ張り出して、目を通してみると
確かに基本やマナーが記載されています
体裁的にちょっと古すぎて頭が受け付けない教則本ではありますが
ここは我慢してじっくりと読み直してみようと思いました

さて、これらのステップがどう効果を出していくのか
また追々記録していきたいと思います



**************************
   ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします
   ↓

射撃競技 ブログランキングへ


posted by Niko at 19:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<スポンサード リンク>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。